スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

 大晦日だというのに、幻聴の人たちは抜かり無く精神アタックをしてきます。なぜ辞めないのかいまいちわからない。なぜ幻聴をやり続けるのか聞いてみても暴言ではぐらかしてくる。今も脳に影響を与えてきているので、窓を開けたりしたんだけど、この行為がまず人生においてすごくやりたくない。頭に銀紙を巻く行為と一緒だ。幻聴の人たちに敗北してるという証だとおもう。思考をさせないようにしてくるのを今もやめない。不気味な集団は存在している。
 ゴリホーモだとか、集団ストーカーだとかいう人たちの類だとは思わない。本当に実在していて、監視する集団だとおれは思う。だから、おれは本当は統合失調症じゃなくて、あっても広汎性発達障害とかだと思う。
 でもこうして、人生において二回、統合失調症だと診断されているし、もう統合失調症でいいんじゃないのかと思って過ごしている。辛い。幸せな気分を取られるし。もう、大晦日という祝日にこんな文句を読まされる人の身になると悲しいし文脈も微妙に変になってきたのでここらへんで終了する。
 今日は、お父さんと年を越すことになると思う。楽しく過ごせればなによりです。お年玉もらえるといいな。
スポンサーサイト

ダイエットの時間だあああ~

 今日したことと言えば、母親とコンビニへ行ったことぐらいだ。荷物係にさせられるのだった。お薬を飲んでいるせいで、お酒を飲めず、買いたいと言ってもだめだと言われるだけで、少し残念だった。
 あと2日で今年が終わる。今年は上半期は入院生活で、下半期は作業所に通うという生活を送った。充実した事は何一つやっていない気がするが、ダイエットには少し成功した。が、最近また太ってきた。遺伝により太りやすい体質なのかもしれないが、やせるときはやせるので遺伝のせいなのかどうかはなんとも言えない。
 今は平均体重より少し上になってきているので、ダイエットをまたはじめたいのだが、大晦日と正月にオードブルや年越しそばを食べる。というイベントが残されていたりして、嬉しいのだか嬉しくないのだがよくわからない。病院とちがって、家にいると食事が自由に摂れるので、ダイエット失敗の要因になってしまうだろう。夜中は絶対に食事をしないという制限をかけたいと思う。「何もしない」という努力だ。暇さえあれば食事に走るのはデブの子供特有ではないだろうか。しかし最近、分け合うということを体が覚えてきた。お菓子は妹にあげてから自分も食べるようにしてる。お菓子をばあちゃんにおすそ分けしてる。いい傾向だ。自分は痩せる努力ができる条件はちゃんとある気がする。だからこそ、今年は痩せられたのだろう。自分は朝に体重を測るとおっ、痩せてるなと思える。ということは、夜中なにも食べなければ大体ダイエットに成功するのだ。決まった時間に三食食べたとしても夜中につまみ食いせず生きていけば自分は痩せられるのだ。食べる量を制限していればの話だけども。
 具体的に言うと来年の目標は、体重を53kg台にすること。ガリに近くなりたいとおもってる。ストレッチを生活の一部に導入したり、来年は体型維持を趣味みたいにして、頑張っていきたい。コンビニしか行かなかったとしても、何も食べずにダイエットに励んだり、自分を高められることをしていれば自分の中では充実した気分になれるし、それでいいんじゃないかなあと思う。

親は映画へ

 スターウォーズフォースの覚醒を妹と両親が観に行きました。スターウォーズは全シリーズを家族が見るほどのファンなので、楽しんでくるのではないでしょうか。
 自分は、作業所に行ってきました。仕事納めの会があり、100人くらいの人間がひとつのホールに集結していました。そこで、NHKへようこその佐藤くんのように、笑われている感覚に襲われ少しきつかったです。

WelcomeToTheNHK_00015.jpg(ひきこもり星人)

 作業所が終わった後は、迎えにきてくれたおばあちゃんとイオンに行き弁当を買いに行ったのですが、荷物を持っておばあちゃんの買い物に付き合っている間が非常に苦痛でした。なんか、自分の表現としてはずーんと頭が重く感じ、意識が落ちていく感じです。それは、幻聴の人たちがやっているのか、ただ荷物をもつのに疲れていただけなのかはわかりませんが、その状態を「落ちている」と、おれは表現しています。その状態になるのは、タイピングの練習をしてるときにもよくなります。ちなみにイオンで、笑われる感覚はありませんでした。
 今日は、プロスピで遊んでたいです。おわり

ノーモチベーション

→続きを読む

「統合失調症である自分の読書」に対する意見

 それでも町を廻っているという漫画で、1巻の1話を読み終わりました面白いです。店主のおばさんが、お客さんのことを「カモ」と表現してしまっていたことに、笑ってしまった。病気のせいでたかだか漫画の数ペーシを読むのにも結構疲れてしまう。勉強のために買った本も、3日間でやっと100ページ読み終えた感じだ。
 今現在その事実に萎えてしまっている。ため息が漏れるレベル。
 自分は、耳に入ってくるタイプの幻聴が一分一秒絶え間なく聞こえてくるので、その人たちの攻撃をうけながら読み進めなくちゃならない。これは健常者の人と比べたら大きなウィークポイントだろう。そして言い訳出来る要素の一つでもあった。そうだった、俺には努力が足りないだけじゃなく、障がい者だからこうなんだ。だからいちいち萎えてしまう必要なんてないのではないか。
自分には勉強をする才能が無い。だから無理にする必要がないんじゃないか。
 それでも、人間としてやっておきたいと思っていることがある。それは、月に一冊は小説を読了させること。今月と来年1月からこの自分の中のキャンペーンを実施したいと思う。年12冊。多いと見るか、少ないと見るか。何冊か読んでいいるうちに、1ヶ月に1冊じゃたりないっすうへぇってなって、あへあへ読者マンになることを期待する。
 取り敢えず、今年中に今読んでる本を1冊読破することに念頭に置きながら、年末に挑みたい。(もう年末だった)

タイピングのしすぎ…

ぼくは医者じゃないので確定事項?みたいなのは言えないんですが
タイピングのしすぎは脳が興奮して、統合失調症の症状が加速するのではないかと思った
実際仕事でタイピングしているときもおかしな思考をして、そのたび幻聴の人たちから笑われてしまっている

この事を書くということつまり、データ入力の午前中のみの作業にきちんと励みました
工賃もでました、6000円でした
作業所を知らない人からすればなんとも微々たる額ですが
最初のころは少なすぎだろって自分も絶望してたけど
今では普通かなと思えるように。
仕事を任せてもらうことに意味があるのであって
生活費を稼げと言われているのではないというそういう状況だから
ちなみに生活費(家に入れるお金)は障害年金から出ている
もっと有能に、HTMLや画像加工が出来るようになれば、普通に働いている人と同額の工賃になるはずなので
今日からHTMLタイピングとかも頑張ってみようかなと思う
最初に書いたように早打ちは脳にも良くないということがわかってきたので
自分のペースで勉強していければいいんじゃないかなぁ
今日まで勉強なんてほとんどしないきた人間だから自分のペースなんてわかってないけど
ちなみにHTMLタイピングが出来るサイトはこちら

新しく加入してきた歳上の新人さんが、HTMLの勉強で頑張っていました
簡単なホームページを作っていて、技術もあって羨ましかった
自分のなすべきことの一つに、毎日お風呂に入ることと、HTMLタイピングを追加して
ブログをタイピングの結果を貼り付ける報告に利用していきたいと思います
HTMl.png
クリックで拡大可

やってみた感想「意味がわからない!」
タグを理解する為にタイピングをするわけではなくて
日本語しかタイピングしてこなかったネット依存症のぼくが
「仕事」のためにタイピングすることに時間を使うべきかなと
自分に英字で書かれたタグなどを体に慣れさせようとしている感じ
気がついたらお気に入りから消したはずのなんJにアクセスしたりしているので
気がついたらHTMLタイピングをしていたという風になりたい

それと、それでも町は廻っているという漫画を3巻だけ購入した
寝る前とかに読みたい
3巻しか置いてなかったのが悔やまれる
以上

相リンは中止…

相互リンクを求めてコメントしたブログで書かれてしまたった事

「意味がわからなくて、前時代的で、村社会的な形骸化した、駄サイクルである」と、指摘されてしまいました

もっともだと思います。

僕が相互リンクを募集したのは、学生時代に費やしたあの時間を取り戻したかったからです
それは数年前のことで、前時代の話ですし
そのブログでも村社会的になりそれが嫌で辞めてしまった経験もあって

歴史を繰り返したかったのか、学習能力がなかったのか…
そもそもブログに青春時代を費やしていたっていうのもなんだかなーとおもいます
ネットの世界で慣れ合いができても、現実では慣れ合えなかったぜ~

もっと、いろいろ頑張らないととおもいます

作業所を…

3日連続で休んだ、なにゆえ、休んでしまうのか?
理由は単純明快、明日の準備をしないためです
お風呂に入らなかったりをしないからです…
ゲームやネットに明け暮れ、いつまでも明日の身支度をせず!
その明日がやってきて、気持ちの面でも出発できる気分になれるわけもないんです
わかっているのに、何故お風呂に入らないのか?

多分、そういう病気だからなのではないかという説。
自分の病気の人で、お風呂に入れず介護され泣きながら事を済ましている人がいる
自分はそこまでではないのだけど、その人の感じではなくて、ただ面倒臭がり屋なだけだろうなという気もする

夜の薬を飲む前に、今日もお風呂入ってないじゃんって気づくのですけれど、
朝早起きしてシャワー浴びればいいかって思いながらジプレキサと眠剤をごっくんしてしまう。
結局、朝の7時頃に目がさめて、あれこの時間じゃシャワー入れなくね?(実際は入れる)もし遅れたらすげー怒られるじゃん、めんどくさ今日も休もうってなってしまい、正午まで寝るという生活がここ3日間行われてる

何か変化を起こさないと、これはいけない。
今日は対策として、「エビリファイの頓服薬を飲んで勢いで入ってしまう」という作戦に出たいと思う。
自分としては強行策だ。お風呂のためだけにエビリファイを飲むなんてことは今までに無い。
でもこうでもしなければ、今の自分は入れないし入らないのではないかと思う…
夜の7時ごろにエビリファイを飲んで、お風呂に浸かりたいと思います

明日は、行ってきたという記事を書けるようになりたいです。

年賀状、成人式、選挙

俺は年賀状書かないし、成人式にも出席しない予定
年賀状は書くような友達がもういないから
みんな今時はメールで済ませてるんじゃないんですかね
成人式は、自分は精神障害者ということもあって
たくさんの人間に囲まれるということが出来ないんです
パニックになってしまうってほどではないんですが
やはり家でのんびり幻聴の人たちと格闘してたほうが良いのかなと思います
あと、今後の選挙にも自分は出ないだろうなとおもいます
政治に関する考えなんてない、安保法案ってのもいまいちわかってない
とりあえず面白い名前の人に投票するみたいなやり方で行きたい
というか両親も選挙なんかに行ってないからね
両親の影響してアレでしたっていう感じじゃだめっすかね

今日は午前中寝ておきてGジェネして
幻聴の人たちに脳に影響を受けながらも
なんとかFF13をまた少し進めました

最近テレビ番組を楽しめなくなってきている
これは自分がつまらない人間になってしまったからだという説があります
枯れたってことなんですかね、バラエティとか、見てて辛い
でも野球とかは楽しめるし、
野球やスポーツを楽しめなくなったら終わりかなと思います


おわり

ゲーム中にやってくる焦燥感

ゲームをしている時に極稀に特有の「謎の焦燥感」がやってきます
なんだかよくわからない焦りが襲ってくる、ゲームをプレイしている内容も焦るシーンではないのにも関わらずなります
これは、幻聴の人たちによる物だと最近になってわかりました
学生時代にもよくなっていたような気がする
病気のためになっているのか、ゲームをする人にはよくある症状なのか
ちなみにプレイしていたのはPSP専用ソフトGジェネレーションワールドだ
オーバーワールドをクリアしたので前作をプレイしてる感じ
ウォーズを携帯機でプレイできる感覚かな
オーバーと違って強い機体が最初から手に入らないので良い
Gジェネという感じ(ウォーズから入ったにわか)
ゲームの話はどうでもいいんだよ
統合失調症の症状なのかどうかってことだ
ゲーム中なにをするにも謎の焦燥に襲われるっていう
なんなのかいまいちわからない
幻聴の人たちの中の王様的存在の人が、自分の脳をいじっている
っていうのが、わかったのです
こんな事を言っても信じられないかもしれないけど、自分の中では確固たる事実なのだ
この焦燥感が最高に嫌だというわけではないけど
なんか独特な感じというか……
これはエビリファイの出番だな(結論)
プロフィール

だい

Author:だい
統合失調症歴4年
ネット、ゲーム、卓球、音楽、B.レアードが好き

今日のID:/tHU00hs0

つぶやき
最新記事案内
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ラノベを読んだ結果
近松さんの読書メーター 近松の最近読んだ本 近松さんの読書メーター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。